忍者ブログ

02

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
□    [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ルーキーでありながら緊迫する接戦の終盤を任されている榎田。
これまで自責点もわずか10と、抜群の安定感をはかっていたが、
2011年9月11日、ヤクルトの4番・畠山に許したホームランは首位ヤクルトに3連敗を喫することに繋がる手痛い一発となってしまった。

しかしながら、プロ47試合目、50イニング1/3で初被弾を浴びるまで、ホームランを打たれていない安定感は評価すべき。

2011年は小林宏の加入で、久保田・藤川球児と並んで期待されたトリプルKはシーズン中盤も持たずに崩壊。
小林宏・久保田が2軍で調整を続ける中、ベテラン福原、鉄壁の渡辺に混ざって貴重なリリーフ左腕として1年目から力を発揮し続けている榎田が、ついに打たれてしまった。

ホームランを打たれた1球は、防御率を1点台に抑えていた榎田らしからぬ不用意は1球。
キャッチャー小宮山がリードする配球の意味、そして神宮球場の狭さを頭に入れておけば、防げたであろう1発なだけに悔いが残る。
1球の怖さを知るには十分すぎる登板となったことには間違いない。

なお、オールスターゲームでは日本ハム稲葉にホームランを浴びている。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
阪神 0 0 0 0 0 1 0 1 0 2 7 1
ヤクルト 0 0 0 2 0 0 0 2 X 4 3 0

勝利投手 [ ヤクルト ] 松岡(2勝1敗0S)
敗戦投手 [ 阪神 ] 榎田(2勝3敗1S)
セーブ [ ヤクルト ] 林昌勇(3勝1敗24S)
本塁打 [ ヤクルト ] 畠山 17号(8回裏2ラン)
PR

前日の試合で、好機に2併殺打と不振にあえいでいる新井貴に、今季2度目の4番降格は、6番ではなく広島時代の2005年5月15日(対オリックス)以来、実に2300日ぶりの7番先発。

そして代わりに4番で先発出場したのは、阪神球団歴代88代目の4番打者マートンでもなく鳥谷でもなく、プロ15年目にして初の4番打者となった関本賢太郎。

相手中日先発は苦手の左腕ソトに対し、1番平野、3番鳥谷以外は右打者7人を並べ、5番マートンは動かさず6番に狩野を起用した新オーダー。

7番に降格した新井貴だったが、それでも2度も好機に打順が巡ってくる不思議な運の持ち主。
この日は2度ともタイムリーを飛ばし、特に9回表の土壇場で、通算300Sという大記録目前の岩瀬から同点タイムリー。
後が続かず、この試合は引き分けに終わってしまったが、打順の組み換えがとりあえず成功した1戦となった。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
阪神 0 0 0 0 0 0 2 0 1 3 9 0
中日 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3 7 2

ヤクルト・由規との、1点を争う息詰まる投手戦に投げ勝ったメッセンジャー。

唯一の得点機では珍しいシーンも見られた。
代打で繋ぎのヒットを打った桧山の代走として、1塁に登場したのは1軍デビューとなる野原将。
続く1番・平野のタイムリーヒットで、2塁に進むも、ここで大和に交代。
わずか1塁→2塁に走塁しただけのデビュー戦となったのだが
代走に代走を送られるという珍しいシーンは、ちょっと理解できなかったと同時に、この時に流れが少し止まったように感じた。
この後、2死満塁まで攻めるも結局は1点止まり。

8回からの守備のことを考えて、3塁に大和を守らせることを目的とした“代走の代走”だったのだろうが、それならば最初っから桧山の代走に大和を投入しとけば良かったのでは?とも思ってしまう。

この日のヒーローインタビューは9勝目を7回無失点10奪三振の好投を見せたメッセンジャーと殊勲打の平野だったが、陰ながらもう一人のヒーローを忘れてはいけない。

前回499試合目の引き分け試合での登板で、通算100ホールドを記録し、史上初の「100セーブ&100ホールド投手」となった守護神・藤川球児だ。
藤川にしてみれば通過点に過ぎない500試合登板だったのかもしれないが、長い歴史を誇る阪神タイガースにおいて、500試合に登板した選手はいまだ4人だけ。

阪神球団5人目、史上87人目の500試合登板を果たした藤川は、この日も1点リードの僅差の場面で、1イニングを難なく3人で打ち取り、今季30セーブ目を達成。
意外にも3年ぶりとなる30セーブで、セーブポイント数を広島・サファテと並べた。

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
阪神   0 0 0 0 0 0 1 0 X 1 6 0

勝利投手 [ 阪神 ] メッセンジャー(9勝3敗0S)
敗戦投手 [ ヤクルト ] 由規(6勝6敗0S)
セーブ [ 阪神 ] 藤川(3勝2敗30S)

Copyright © 阪神タイガース 記憶に残したい名場面 : All rights reserved

晴れた休日はスイングパノラマ写真を撮りにお出かけ。雪の日に備えてスタッドレスタイヤを比較して探す♪
雨の日は新刊おススメ本をチェック。タイヤ選びはインチアップホイール館で人気の215/45R17を選ぶ。

忍者ブログ [PR]

デザイナーズチェア(椅子)比較カタログ―テレビ観戦などに最適♪長時間座っても疲れないソファやロッキングチェア、マッサージチェアの他、機能的な収納チェアや折りたたみ式チェアなど。

カテゴリー
最新記事
(09/11)
(09/01)
(08/29)
(08/28)
(08/28)
(08/27)
(08/26)
(08/25)
(08/14)
(07/28)
(07/26)
(07/17)
(07/04)
(07/04)
(07/03)
(07/02)
(07/02)
(07/01)
(06/15)
(06/12)
(06/11)
(06/03)
(05/29)
(05/27)
(05/25)
最新CM