忍者ブログ

09

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
□    [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9回2死満塁の場面で、打者が打ち上げた平凡なセンターフライ。
試合終了かと思いきや、途中からセンターの守備に入っていた柴田がまさかの落球、満塁の走者全員を生還させてしまった重大事件。


ちなみに横で見ていたマートンのあっけらかんな態度も信じられなく感じた。

その後、暴投で2塁走者を一気に生還、
3塁手新井のエラー、そしてあっさりと盗塁を許す負の連鎖反応。

試合終了が一転、止まらないヤクルトの攻撃に、マウンド上の藤川としてみれば、失策の失点だから自責点にならないとの考えがあるのだろう。
笑顔でミスをカバーしてやろうという気持ちが見えるも、さすがに点差が1点差に縮まり、同点の走者を得点圏にまで進められた時には顔色が変わった。
が、藤川の顔色が変わったのはその時ぐらい。
さすがに百戦錬磨の修羅場をくぐり抜けてきた藤川だけあって、
彼を守護神に持つ阪神の強さを思い知らせる1戦ともなった。

試合終了時、柴田が藤川に、顔面蒼白で深々と頭を下げていたシーンが印象的だったが、藤川よりも心拍数が上がっていたのはベンチで試合を見守る、この日先発で勝利投手の権利のある岩田、そして9回に1死だけ取って藤川にマウンドを譲った福原(記録は失点5、自責点2)だったのではないだろうか。

5点のリードを持っていて、逆転されなかったから良かったものの、もし負けていれば今季の勢いを失速させかねない試合となった。

柴田はその後、真弓監督直々のノックを受け、試合ではスタメンで起用されるなど、守備だけでなく打席での出場機会も増えた。
この落球事件が、一皮剥ける、一事件としてシーズンを振り返られるのであれば、柴田にとったら大きな財産となる1戦になり語り継がれていくことだろう。

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
阪神   0 0 2 0 1 0 0 0 5 8 16  4
ヤクルト 0 0 0 0 0 1 0 0 6 7 11 1

勝利投手 [ 阪神 ] 岩田(6勝9敗0S)
敗戦投手 [ ヤクルト ] 川島亮(0勝1敗0S)
セーブ [ 阪神 ] 藤川(3勝1敗27S)
本塁打 [ ヤクルト ] バレンティン 21号(6回裏ソロ) 、ホワイトセル 12号(9回裏2ラン)
PR
Name

Title

Mailadress

URL

Font Color
Normal   White
Comment

Password
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright © 阪神タイガース 記憶に残したい名場面 : All rights reserved

晴れた休日はスイングパノラマ写真を撮りにお出かけ。雪の日に備えてスタッドレスタイヤを比較して探す♪
雨の日は新刊おススメ本をチェック。タイヤ選びはインチアップホイール館で人気の215/45R17を選ぶ。

忍者ブログ [PR]

カテゴリー
最新記事
(09/11)
(09/01)
(08/29)
(08/28)
(08/28)
(08/27)
(08/26)
(08/25)
(08/14)
(07/28)
(07/26)
(07/17)
(07/04)
(07/04)
(07/03)
(07/02)
(07/02)
(07/01)
(06/15)
(06/12)
(06/11)
(06/03)
(05/29)
(05/27)
(05/25)
最新CM