忍者ブログ

08

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
□    [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2点ビハインドの3回裏の猛反撃は9番・久保の振り逃げから反撃開始。
そのあと、1番・平野の初球送りバントを相手キャッチャー・ヤクルト相川の好捕に阻まれるも、続く2番・今季初スタメンの大和が初球をレフト前ヒット。


3番・鳥谷が三振の後、2死から繋がる打線。
4番・新井が左前タイムリー(ガイエルじゃなきゃ獲られたかもしれないのでラッキーな一打)
5番・マートン中前タイムリーで同点
6番・関本が四球の後、7番にこの日、1軍に昇格、即スタメンに起用された狩野恵輔。

狩野は、当時の正捕手だった矢野に代わり、122試合でマスクをかぶった翌年、城島の加入で外野手登録への変更を通告。それでも捕手への思いを直訴したが、狩野自身の腰の故障もあり、2011年はここまでずっと2軍暮らし。

浅井や林らの調子がなかなか上がらず、巡ってきた1軍のチャンスに、第一打席できっちりと結果を残してくれました。

久しぶりの1軍の打席は、第一打席・空振り三振の後の第二打席。
2死満塁の絶好機で打線が回ってくるもボール球に手をだしてしまいあっさり追い込まれ周囲を不安にさせました。が、3球ファールの後の5球目にレフトへ打ち返した2点タイムリー。嬉しい復活の一打となった。

この日、先発の久保は、ガイエルに一発を打たれただけで7回10奪三振2失点の好投。

2011年は8月の4週のうち3度の金~日の3連戦で組み込まれたヤクルト戦に3戦先発、3勝を挙げた久保の存在は、首位ヤクルトを追撃するに頼もしい存在。

5点リードの9回は福原が締めてヤクルトとの今季対戦成績を9勝3敗とした。

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
ヤクルト 0 2 0 0 0 0 0 2 0 4 6 1
阪神   0 0 4 0 2 0 2 1 X 9 15 2

勝利投手 [ 阪神 ] 久保(7勝4敗0S)
敗戦投手 [ ヤクルト ] 村中(2勝4敗0S)
本塁打 [ ヤクルト ] ガイエル 1号(2回表2ラン)
PR

売り出し中の森田一成が、プロ初スタメンを手にしたこの試合。
前日、ブラゼルの負傷&離脱で、1軍に再昇格してきたばかりの森田にチャンスが巡ってきた。

パンチ力のありそうな打席での雰囲気はもっともっと経験を積めば相手ピッチャーを威嚇するのに役立ってくれそう。

相手に左投手が出てくると代えられてしまうが、まずは右投手相手に結果を残して、7番・一塁のスタメンから、どのタイミングで6番に打順を上げられるか。

将来的に楽しみな左バッターが一歩ずつ、進化しようとしている。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計 安 失
阪神 0 0 0 1 1 0 0 1 0 0 3 14 1
巨人 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 3 6 0

本塁打
[ 阪神 ] 新井貴 12号(4回表ソロ)
[ 巨人 ] 高橋由 11号(2回裏ソロ)
9回2死満塁の場面で、打者が打ち上げた平凡なセンターフライ。
試合終了かと思いきや、途中からセンターの守備に入っていた柴田がまさかの落球、満塁の走者全員を生還させてしまった重大事件。


ちなみに横で見ていたマートンのあっけらかんな態度も信じられなく感じた。

その後、暴投で2塁走者を一気に生還、
3塁手新井のエラー、そしてあっさりと盗塁を許す負の連鎖反応。

試合終了が一転、止まらないヤクルトの攻撃に、マウンド上の藤川としてみれば、失策の失点だから自責点にならないとの考えがあるのだろう。
笑顔でミスをカバーしてやろうという気持ちが見えるも、さすがに点差が1点差に縮まり、同点の走者を得点圏にまで進められた時には顔色が変わった。
が、藤川の顔色が変わったのはその時ぐらい。
さすがに百戦錬磨の修羅場をくぐり抜けてきた藤川だけあって、
彼を守護神に持つ阪神の強さを思い知らせる1戦ともなった。

試合終了時、柴田が藤川に、顔面蒼白で深々と頭を下げていたシーンが印象的だったが、藤川よりも心拍数が上がっていたのはベンチで試合を見守る、この日先発で勝利投手の権利のある岩田、そして9回に1死だけ取って藤川にマウンドを譲った福原(記録は失点5、自責点2)だったのではないだろうか。

5点のリードを持っていて、逆転されなかったから良かったものの、もし負けていれば今季の勢いを失速させかねない試合となった。

柴田はその後、真弓監督直々のノックを受け、試合ではスタメンで起用されるなど、守備だけでなく打席での出場機会も増えた。
この落球事件が、一皮剥ける、一事件としてシーズンを振り返られるのであれば、柴田にとったら大きな財産となる1戦になり語り継がれていくことだろう。

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
阪神   0 0 2 0 1 0 0 0 5 8 16  4
ヤクルト 0 0 0 0 0 1 0 0 6 7 11 1

勝利投手 [ 阪神 ] 岩田(6勝9敗0S)
敗戦投手 [ ヤクルト ] 川島亮(0勝1敗0S)
セーブ [ 阪神 ] 藤川(3勝1敗27S)
本塁打 [ ヤクルト ] バレンティン 21号(6回裏ソロ) 、ホワイトセル 12号(9回裏2ラン)

Copyright © 阪神タイガース 記憶に残したい名場面 : All rights reserved

晴れた休日はスイングパノラマ写真を撮りにお出かけ。雪の日に備えてスタッドレスタイヤを比較して探す♪
雨の日は新刊おススメ本をチェック。タイヤ選びはインチアップホイール館で人気の215/45R17を選ぶ。

忍者ブログ [PR]

カテゴリー
最新記事
(09/11)
(09/01)
(08/29)
(08/28)
(08/28)
(08/27)
(08/26)
(08/25)
(08/14)
(07/28)
(07/26)
(07/17)
(07/04)
(07/04)
(07/03)
(07/02)
(07/02)
(07/01)
(06/15)
(06/12)
(06/11)
(06/03)
(05/29)
(05/27)
(05/25)
最新CM